Ancora社の生産しているジュエリー・ボールペンは4つの基本要素の組み合わせであるユニークなスタイルで実行されます。

  • イノベーションとノウハウ;
  • 圧力を下げることで最大40%のインクを節約できる特殊なタイプの充填システム;
  • 貴金属や貴重な材料の使用(黒檀、銀、金、チタン、大理石、貴重な石、溶岩;
  • 完全な手作業を意味するラッカーミニチュアの技法または、真珠層のペンの場合のインレイの塗装での使用。

1800年代初頭に金属ペン付きの万年筆が初めて使われるようになりました。 そのような万年筆は、信頼性と耐久性の一例であるため、非常に素早く筆記具として使われたガチョウの羽根に取って代わりました。 時間の経過と共に、ほとんどの製造業者は余分な耐摩耗性である金、銀という貴金属または白金族の金属(ロジウム、オスミウム、イリジウム)からペン先を作り始めたので、ペンの寿命を何度も増やすことができました。 現在は、チップはイリジウムで作られ、「身体」黄金という組み合わせの組成のペンが流行っています。

万年筆は、伝統を守る特別なスタイルです。Ancora社のイタリア人は、万年筆は単なる古典ではなく、それはライフスタイルだと言っているのです。 Ancora社は万年筆を贈り物として購入する機会を与えます。 エリートなボールペンは、所有者の外観を変えることができ、洗練さと尊敬のイメージを目に見えるように追加できます。 コレクターペンの使用のおかげで、想像のできない創造性の感覚、永遠性と真の芸術への接近をもたらします。