1897

ジュゼッペ・ザニーニが生まれる 

ジュゼッペ・ザニーニは万年筆の生産で最も古いイタリアの企業の一つの創始者です。ジュゼッペ・ザニーニの文房具の世界への関心は、親戚からの贈り物でもらったアメリカ製万年筆から生まれました。当時、イタリアの万年筆は、他の国から輸入されていたので高価なものでした。ジュゼッペ・ザニーニは、ペンの市場が実際には存在しないという事実にもかかわらず、生産に必要な設備を開発することに決心して、一生懸命頑張っていました。

1919

ANCORA社の創立 

夢への道を進むジュゼッペ・ザニーニは1918年の第一次世界大戦の直後に、文房具や筆記用具の販売のためにボローニャの店を購入しました。この店で1919年以来、彼はAncoraという万年筆を製造し始めて、本社を開始しました。

1925

「シストカレンダー」工場開業 

商業活動の経験を積んだジュゼッペ・ザニーニはシストカレンダーで万年筆を生産する工場を開業しました。この時点から、会社の統一スタイルが形成され始めます。

1938

ANCORA社の先進 

生産に実験する能力に起因して、ジュゼッペ・ザニーニはマッジョーレ湖にあるアロナ市で小さい工場ではなく、言葉の通り産業企業を開業します。Illustrazione Italia新聞はこれについて次の通り書いています。「我々の意見では、Ancoraの主な利点は、イタリアで、イタリアの機器で、イタリアの原材料で、イタリアの労働者とエンジニアによって生産されていることである。」

1943

「シストカレンダー」工場閉業 

Ancoraというブランドは何十年もの間、ジュゼッペ・ザニーニによって世紀の初めに確立された品質基準を守ってきました。同社は平均価格帯のモデルでさえ、美学と技術的信頼性は第一に考えていました。しかし、すべての努力にもかかわらず、兄弟ラズロとジョージ・ビロによって作成されたボールペンの出現に伴う危機から生き残るのはできませんでした。Ancoraの万年筆は、生産における手作業の割合が高いため、非常に高価でしたのも原因になったのでしょう。

1950

伝統の継承 

ジュゼッペ・ザニーニの死後、企業は彼の息子アルフレドに継承されました。アルフレードは家族の伝統を尊敬し続けています。アルフレドは、第二次世界大戦後にイタリアに来た「dolce vita」(「甘い人生」)の幕開けに触発され、様々な技術革新に魅力されました。巻き込まれ始めました。Ancora社はデザインに優れ、時代のスタイルに合う「Dama」、「Maxima」、「Lusso」という3つの高級万年筆のシリーズを発売します。

1997

会社の二番目の誕生 

会社の二番目の誕生の時代はジョバーニ・サンチニというレトロペンのコレクターがジュゼッペ・ザニーニの相続人からAncora社を買収したことから始まるのです。ジョバーニ・サンチニ氏は同社の創立者のジュゼッペ・ザニーニと同様に万年筆への深い関心を持っていましあ。ジョバーニ・サンチニはレトロペンを集めながら、数年間は、トリノで万年筆の店を経営していました。彼がビジネスに落とした情熱は、まさにジュゼッペ・ザニーニ自身がブランド形成の幕開けに自らの製品をリリースしたエネルギーと同様でした。

2009

伝統の継承 

この年、伝説のあるAncora社は創立90周年を迎えました。ほぼ一世紀の歴史の中で、同社は世界最小の圧縮充填システムにより、最大40%のインクを節約できるという独自のペンを生産する独自の技術的伝統を保存してきました。 同年、必然的に手作業を意味する真珠層という処理が複雑な材料を使用するペンの製造を再開しました。 そして、Saint George, Luca Signorelli, Kazan Kremlinなどのような、コレクターの最も要求の厳しい味を満たすことができる排他的なペンの新しいモデルを開発することを続けています。